コラム

2016.11.24

ファイトケミカルの種類① ポリフェノール類

本日は、ファイトケミカルのポリフェノール類についてです。

ファイトケミカルは、大きく5タイプに分類することができます。

ファイトケミカルの種類
ポリフェノール類
カロテン類(カロテノイド)
イオウ化合物
テルペン類(テルペノイド)
その他(β-グルカン)

ポリフェノール類
ポリフェノールは植物に含まれている苦味、渋み、色素の成分となっているもの。
強力な抗酸化作用を持ち、体内の活性酸素を除去します

アントシアニン[ベリー類・なす・黒豆・紫いもなど]
野菜や果物に多く含まれる青紫色の天然色素です。
抗酸化作用だけでなく、目の働きを高める効果や眼精疲労の予防、肝機能の改善にも役立ちます。

イソフラボン[大豆・大豆製品など]
イソフラボンは、主に大豆の胚芽部分に多く含まれるポリフェノールの一種です。
女性ホルモンとよく似た作用があり、更年期の不調の改善や骨粗しょう症・高コレステロール予防が期待されます。

カカオポリフェノール[ココア・チョコレートなど]
カカオに含まれるポリフェノールの一種です。
動脈硬化予防、疲労やストレスから体を守ります

カテキン[緑茶・紅茶・赤ワインなど]
緑茶や紅茶などに多く含まれているポリフェノールの一種です。
また、渋味や苦味のもととなる成分です。
抗酸化作用・殺菌作用があり、血液中の脂質量を正常に保つ働き、生活習慣病や肥満の予防、虫歯・口臭予防の効果が認められています。

青パパイヤ酵素にはファイトケミカルも含まれています。

トラックバック

トラックバックURL:

Copyright (C) しんらい通販 All Rights Reserved.