コラム

2017.02.20

葉酸

本日は、葉酸についてです。

葉酸は、ビタミンM、ビタミンB9、プテロイルグルタミン酸とも呼ばれ、水溶性のビタミンB群の一種です。ほうれん草の葉から発見されたことにより葉酸と名付けられました。この名前の由来から、葉物の野菜にのみ含まれていると思われがちですが、レバーなど動物性の食品にも多く含まれています。

葉酸の1日の推奨量は成人男女で240μgとされておりますが、妊娠を考えている女性や授乳中の女性は440μg以上の葉酸の摂取を推奨されています

推奨される理由は、葉酸は細胞の新生に必要なビタミンで、妊娠してごく初期に十分に摂取することによって、神経管閉鎖障害のリスクを軽減することができるからです。
また、赤ちゃんが生まれてからも、乳幼児の発育に大きな影響を及ぼすため、授乳中も葉酸を積極的に摂取する必要があります。

葉酸は、代謝に関わりが深く、タンパク質や核酸の合成に働き細胞の生産や再生を助け、体の発育を促してくれます。そのため、細胞分裂やDNAの合成など細胞が新しくつくり出される場に必須の栄養素です。しかし、水溶性のビタミンのため、体内では蓄積されにくく毎日摂取することが必要な栄養素です。


また葉酸は人の身体の細胞分裂にも関係している大切な働きをしているため、美しい肌や髪の毛を作る上でとても大切な栄養素で、健康以外の美容の面でも役立ちます

トラックバック

トラックバックURL:

Copyright (C) しんらい通販 All Rights Reserved.